占いを受ける頻度はどれくらいがベスト?適切なタイミングをご紹介

占いに依存しすぎるのはNG!効果的な頻度やタイミングとは?

基本的に占いは3ヵ月に1回程度の割合で受けるのが望ましいです。頻繁に利用しても占いやカウンセリングの結果は変わらないので、3ヵ月ぐらい間を置く方が無難でしょう。大きな変化や状況が進展しない時は別ですが、経済的な負担を考えると通い過ぎるのは良くありません。

効果的な占いの頻度やタイミング

占いを受ける日に印を付けたカレンダー
悩みを解決してくれたり、時には自分自身が気付いていなかった一面を見つけてくれたり、占いには多くのメリットがあります。
例えば、人生を左右する問題解決の方法が見つかるかもしれないので、その恩恵は計り知れないでしょう。

 

しかし、その一方で占いやカウンセリングに依存してしまう人もいるのです。
毎週のように診断を受けて借金をしたケースもあるため、闇雲に利用するのは推奨されません。
では、占いやカウンセリングの効果的な頻度やタイミングはどうなるのでしょうか?

 

どの程度のペースで利用するのが良いか、一般的な平均値を紹介して行きたいと思います。

 

診断は3ヵ月に1回程度

よほど大きな変化が無い限り、占いやカウンセリングは3ヵ月に1回ぐらいが望ましいです。
1ヵ月では状況にあまり変化が無く、診断内容に大きな変化が発生しないかもしれません。
そのため、3ヵ月に1回程度の頻度が一般的な回数と言えるでしょう。

 

繰り返しになりますが、生活費を切り詰めて利用する状況は良くありません。
抱える悩みが増えてしまいますので診断は3ヵ月に1回を1つの目安にしてみてください。

 

診断のタイミングについて

上記で3ヵ月に1回を推奨しましたが、これはあくまでも目安に過ぎません。
重大な変化が起こった場合は別なので臨機応変に対応しましょう。

 

例えば、重大な悩みが発生した場合はなるべく早く相談をしてみると良いです。
悩みを聞いて欲しいのに我慢する状況は苦しいだけですし、経済的な負担が大きくなければ診断を受けてみましょう。

 

他にも、新年を迎えたタイミングに今年の運勢や運命を占ってもらうのもありです。
人生の節目になるので相談をしても損はありません。

 

抱えている悩みに進展があった時や状況が変わらずに悩んでいる時も相談すべきタイミングといえるでしょう。
あまりにも頻度が多くなるのは問題ですが、3ヵ月に1回しか相談してはいけない訳ではないのです。

 

電球マーク

大きな変化があったり、逆に何も変化しなかったりする場合は占い師やカウンセラーを頼ってみましょう。

 

占いによって頻度は変わる

タロットカードを持った占い師

占いの種類によって適切な頻度やタイミングは変わります。

 

例えば、1年の運勢を教えてくれる占いを、3ヵ月に1回受けても結果は変わりません。
星占いや数秘術のような1年の運命を見る占いの場合は、年に1回で十分だと言えます。

 

逆に手相や風水、オーラリーディング等は状況によって変化するので、3ヵ月に1回のペースで見てもらっても良いでしょう。
占いに行くべきタイミングはそれぞれ異なるので、そうした点にも注目しながら考えてみてください。